日別アーカイブ: 2018年5月15日

今や純粋なる愛の炎を活性化させる時!ベネチアのパウロに心からの敬意と感謝を込めて 新月の今、この瞬間に心からのありがとう♪

たった今、メールマガジンをアップすることができました。

今日の新月のこの瞬間に心からの感謝を込めて

☆ハートの扉☆新たな一歩☆エッセンスオブライト☆聖なる愛☆光の祝祭☆み〜ファ♪☆letter☆

2018年5月15日

20時48分の新月に向けて

今や純粋なる愛の炎を活性化させる時!

ベネチアのパウロに心からの敬意と感謝を込めて

 

☆ハートの扉☆新たな一歩☆エッセンスオブライト☆聖なる愛☆光の祝祭☆み〜ファ♪☆letter☆

 

皆様、こんにちは、今日、夜、20時48分がジャスト新月です。

そして、明日も天界では、聖なるイベントがあります♪

日々、その日の優先順位が変化しています。

ここからしばらくは、最近の個人的な体験でもあります。

そして、後半に、第3光線についてのささやかなるメモもあります♪

平和な日本に生まれ何十年も前から心のどこかで自分はライトワーカーだと、そう直感しているものの、いまだに、行きつ戻りつカルマの車輪の中でアップアップしているというそのような方々と遭遇することがあります。

そうした方々と出会うたびごとに、といってもそれは、ここ最近では、もっぱら電話でのことですが、あ〜もったいないと、そう思うことがしばしばあります。

何がもったいないかというと、本人の心の奥では、気づきの光があるにもかかわらず、これまでと寸分たがわぬやり方で、ちょっとだけなら許されるかもしれない?などと、

甘い、ゆるい、時にはずるさとして感じられてしそうなことさえも、堂々、し続け、そして、一方では、スピリチュアルなことに関心を持ち続けている人々が存在してもいるのです。

セッションをしていると、時として、こちらがお聞きしなかったとしても、クライアントさんの方から、これではまるでキリスト教の懺悔ではないのかしら?と思ってしまうような赤裸々な人生絵巻について告白されることもあるものです。

普通に結婚をし、子供を持ち、そして、スピリチュアルなことに関心を持ち、時には、ワークショップに参加したり、個人セッションなども受けた経験があると語ってくれる一方では、心の闇、まさに魂の闇夜そのものについて、最初の頃は、カモフラージュしながらとはいえ、何かの拍子に堰を突破してしまうと、本当にこちらが、ただ驚くばかりのことを語ってくれたりもするのです!

今や、2018年!

古き時代は過去のものとなりはじめています。

けれども悲しいかな、あまりにも安直なスタンスで、今回のこの人生を乗り切ってこられた中には、まだまだ、甘さ、ゆるさがみられることも!!!

なんとも残念なことです。

☆遠い星からやってきた深遠なる意味に思いを寄せて☆今こそ宇宙の叡智と地球体験をさらに超えて光輝く時!http://www.mag2.com/m/0001605020.html(テキスト形式)
こちらでは、わたしが、ここ最近、2巻を読み始めたことをきっかけとして、ほぼ10年ぶりに、1巻を読み始めた一なるものの法則について、光をあてようと思い、シリーズものがスタートいたしました。

実際に、本人は、心の中で、何が光の道なのかをわかっているものの、これまでの惰性で、なんとかなるという甘さで、堂々めぐりの輪から出ることができなくなってしまっている様はラーが語るネガティブな密度そのものの様相ではないのかしら?とさえ思ってしまうこともあります。

もし、その人、本人が、今回のこの人生を光ではない道を探求しようと、そう決意して生まれてこられたのでない限りは、今のような中途半端なままでは、ただ、心が疲弊し、魂はさまようばかりで、残念としか言いようがありません。

かつてセッションをお受けしたことがあり、もう大丈夫だったはずなのではないの?という方の中に、周囲には一切、気づかれてはいなくとも、本人のみは知っている心の暗闇を今、再びさまよい中というケースに遭遇することもあります。

それは、今の地球の次元が上昇したからこそ、顕になったことかもしれません。

なぜそう簡単にあきらめてしまったり、かつての在り方にすぐに舞い戻ってしまうのでしょう???

もちろん、こういうケースは稀ではありますが、実際に、そのようなケースもあるのです。

ある時、ようやく、その方を光の元に再び誘うことができたと安堵したその日のこと、真夜中にお風呂に入っている時に、はっとわかったのでした。

その時の記念すべき光への誘いの特別セッションは、ベネチアのパウロが献身的なる愛のサポートをしてくれていたことを♪

なんと、驚き、そして、感謝をしたことでしょう。

さらに、光があたりはじめたことがありました。

時には、男性的な凛としたとてつもなくパワフルな愛のエネルギーを注ぐことによってこそ、その人の心の暗闇に強烈なる光を灯し目覚めを促すことができることもあるということを。

なぜ、そう簡単にいつものところに戻ってしまうの?、もったいないと思わないの?と、そうわたしが質問をすると、ある時、そのクライアントさんから驚くべきことを伝えられました!

その方、曰く、やさしさや慈しみにあふれていたからだと言うのです。

わたしは猫なで声も使いませんし、結構、辛辣なことも語っているはずなのですが〜笑〜、なぜだか、その方は、そう感じていたそうなのです。

そして、かつてであれば、わたし一人ではとうてい対処できないようなケースの場合には、マリアさまや、観音さまや、時には、レディ・ナダが応援をしてくれたりもしていました。

観音さまなどは、比較的、そうやさしいだけではない、凛とした強さもあるのですが、その方にとっては、そうした女性的な愛のヴァイブレーションは、聖なるハートが開いて、ぼうぼうと涙がこぼれ落ちることはあったとしても、” その方ご自身の弱さ “を克服するのには、あまりにやさしすぎて、甘えが発生してしまっていたようでもあるのです。

この発想はまさに驚き!

どこまでも甘えたいという方々の中には、せっかくの愛のサポートさえも、甘えの材料にしてしまうというのは本当に驚き以外のなにものでもありませんでした!

〜ベネチアのパウロ!〜

最後の人生は、イタリアの画家であったとも言われています。

調和のある静けさの中でただ、瞑想的に絵画を描くということを通してマスターへの道を歩んだというベネチアのパウロ。

いつもとは、どことなしか、異なるような確固としたゆるぎない信念を伝えることができたのは、まさにベネチアのパウルの大いなるパワフルな愛のサポートがあったからこそなのだと、そのことに深く感動をし感謝をしたごく最近のエピソードです。

愛のヴァイブレーションには、数え切れないほどのグラデーションがあります。

これまでは、知的、理解はあったとしても、意識的にベネチアのパウロとコンタクトをしたことはまったくなかったので、このような形での出会いは、感慨も一塩です。

願わくば、その方が、今回こそは、ぐるぐる回りの輪から、本人の凛とした決意とともに出ることができますように♪

わたしたちは、今、自由意思を使うことのできる惑星に降り立ってきています。

それゆえに、進化をし続けるという選択もできるのと同様に、行きつ戻りつ、あるいは、かつて滞在していたであろう、魂の暗闇に再び舞い戻るという
どのような選択さえも可能です!

一なる法則のラーのような第6蜜度の観点からとらえるならば、どのような道を選択したとしても、それは、それで、創造主への奉仕ということになるのでしょう。

こうしたケースに遭遇すると、人生とは、今回のみのものではなく、様々な意味において、過去からの積み上げや、パターンさえも、影響していると、そう思わざるをえないことが多々あります。

これをカルマと呼ぶこともできるでしょうが、

たとえ、すぐにわかりやすく効果を実感することがなかったとしても、

ただひたすら、自らの聖なるハートの真実とともに歩むことによって、いつしか天界へ徳を積むという至福に満ちたやすらかさとともに在ることも可能です♪

今回の人生において、どうどう巡りの輪とは、まったく縁のない人々は、おそらくは、過去において、そうしたことの虚しさをしっかりと学んでこられたということなのでしょう。

そして、また、なぜだか、すっとわかるというその魂的な記憶とは、どこかの時代に、天に積んだ、光の叡智という徳なのだとも思います。

今、この人生で、どうしても、ご自身の魂の暗闇を見ざるおえない状況に立たされているというそのような皆様がいらっしゃったとしたならば、どうぞ、今、勇気を持って、それらの闇に、宇宙からの大いなる愛と光を注ぎ癒す絶好の機会なのだと、そう心からお伝えしたいと思います。

惑星地球の進化に加速度がつきはじめている今では、もう待ったなし状態!

自分の心に覆いをかけて見ないフリをすることもできなければ、どんどんと混迷は深まるばかりでしょう。

今年は、かつて出会っていた本をもう一度、新しい時代の光とともに読み直すことが増えています。

そして、より深いレベルでの理解ができるようになりはじめているのを心からうれしく思います。

地球全体のヴァイヴレーションが上昇しているからこそ、同様に、わたしたちのスピリチュアルな理解度も、これまでの時代には、とうてい予想できなかったほどに、深いレベルからの理解ができるようになりはじめているのだと思います。

ラー文書の2冊を何度も何度も熟読していたからこそ、先のような魂の闇夜の方のサポートができたようにも思います。

そして、また、これまでのフェミニンエナジー的なサポートのみでは、どうしても突破することのできなかった父的な愛の特質の応援を受けることができたゆえに、これまでとは、また違った観点から、魂の暗闇に光を灯すことができたことを心から感謝したいと思います。

様々なる光のサポート、そして、ベネチアのパウロの大いなるサポートに心からの敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

そして、これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

ヘビー級のセッションに遭遇するたびに思うことがあります。

とうてい個人的に知ることのなかったような稀有なクライアントさんとの体験を通して、わたしまでもが、貴重な学びの数々をさせていただいているというそのことにただ、ただ、感謝あるのみです。

こうして、わたしたちは、形は様々であっても、ともに教え学びあってもいるのでしょう。

ありがとうございます。

エンジェリックハーモニーライトでは、ここしばらく、いわゆる、かつてのようなサポートは積極的には行ってこなかったのですが、かつてのクライアントさんとの再会という今回のヘビー級のセッションをきっかけに、そして、また、ベネチアのパウロというありがたい光のサポートを受け取ることを通して、【魂の闇夜を乗り越え光の再生の道へ】という特別TELセッションコースを検討しはじめております。

本格的に魂の暗闇から卒業をしたいというそのような皆様をサポートするには、そう簡単なものではないので、それなりの時間もかかることでしょう。

とはいうものの、もし、ご興味をお持ちの皆様がおありでしたら、直接、エンジェリックハーモニーライトまでお電話をいただけたらと思います。

以前、ご紹介をしたことのあるマーリンのマジカルミステリーツアーなどでも同様のサポートをすることもあるのですが、このサポートとは、また別の形で、その方それぞれのこれまでの人生における長年の暗闇に光を灯すというそのようなことが求められているようにも感じ始めております。

もう自分自身のハートの真実を騙すことなどできないのですものね。

今回のクライアントさんには、このメールマガジンの下書きの時点で、このメッセージを電話で読み上げお伝えしました。

すると、その方も、それまでのセッションとはまた違った感触を得られたということを伝えてくれました。

光の存在、マスターたちには、それぞれに独特の個性があるのです。

これこそが、ディヴァインフィーリング♪

 

〜ベネチアのパウロに関して、下記にちょっとしたヒントを参考までにご紹介♪〜

 

ボブ・フィックス氏の新しいブックレト『永遠の愛の瞑想 基本概念』によるとは、ピンク〜愛と慈悲の第3光線のマスターとなっています。

 

また、オレリア・ルイーズ・ジョーンズ女史の『TELOS Vol.3』では、
アダマがベネチア人のパウロを伴いながら第3光線の愛の炎について語っています。

ほんの一部をご紹介すると、

「第3光線はハートチャクラとつながって、神性の愛と人間の愛を拡大します。
その神性の属性が多くあるなかで、第3光線の属性は、偏在や慈愛、慈悲、慈善、
そして、聖なるスピリットの愛を通して活動する神でありたいという欲求です。」

『新しいレムリア』太陽出版刊 P220 アダマからのメッセージより

 

「愛は言葉ではありません。それは最も重要な特質であり、力であり、波動です。

それはいのちです!

愛はあらゆる存在の中でも極めて重要な要素および波動で、永遠の生きている、動的な力です。」

「愛は、すべてのものごとが生み出されているところからの、最初の光の物質です。」

『新しいレムリア』太陽出版刊 P222 アダマからのメッセージより

 

「今、あなたの”やることリスト”を半分に減らすことからはじめて、その分をあなたの神性の愛を発達させて統合させることに注ぎ込むように提案します。

これには時間と、自分への愛、努力、継続的な専念を必要とします。

なぜなら、それは自然には起きないからです。」

『新しいレムリア』太陽出版刊 P226 アダマからのメッセージ

 

 

ベネチア人のパウロの深遠なるメッセージからほんの一部をご紹介すると

「人はその人自身の、個別化された、わたしという実在との意識的つながりを一瞬でも破壊したことはなく、一瞬で再び確立することはできません。

それには忍耐、粘り強さ、決意、動機の純粋さ、よく発達した識別の感覚、私という実在のハートの扉で不断の警戒をすることが必要です。」

『新しいレムリア』太陽出版刊 P230 ベネチア人パウロからのメッセージより

 

「毎朝、あなたの足が地面を踏むとき、もし、あなたが招くことを選ぶのなら、神の臨在が一日をあなたの神性でたっぷり満たすのを待っています!

皆さんがこれらの言葉を読むとき、神の臨在が皆さんの理解を超えた豊富な愛と平和で、一人ひとりを祝福するために待っていることを、今日、記憶してください。

毎日、それぞれの時間が愛と平和と調和で満たされるように、神の臨在を召喚してください。

愛と平和と調和は、やすらぎと完全性を経験する生活を光輝あるものにします。」

『新しいレムリア』太陽出版刊 P231 ベネチア人パウロからのメッセージより

 

真の成長には、ベネチアのパウロが語っているように、忍耐、粘り強さ、決意、動機の純粋さ、よく発達した識別の感覚などが、大切なのは言うまでもありません。

そして、今、この時代は、わたしたちそれぞれが、自分自身の中に神聖さを見出し、輝かせる時代でもあるのです♪

ご興味をお持ちの皆様は、どうぞ、本を手にとってみていただけたらと思います。

 

わたしたち自身が今回の人生の主人公です。

もしも、今、このままで人生を歩み続けるのが困難になりはじめたのを感じていらっしゃるというそのような皆様がおありでしたら、今が、目覚めと進化の時!!!

どうぞ、皆様、ご自身の聖なるハートに正直であっていただけたらと思います。

今や、本当にすばらしい光の応援がやってきています。

エンジェリックハーモニーでは、皆様が心から、喜びとともに、この人生を軽やかに歩むことができるよう大いなる光の存在たちとともに光の応援をしております♪

ネガティブな過去の体験をただそのまま放置しておいたままでは、おそらくは、何かの進展は、見込めないことでしょう。

どのような体験であっても、そこには、本当は、驚くほどの気づきの贈り物が秘められてもいるのです!

それえゆに、意識的に勇気を持ってそれらのネガティビティーに、大いなる光を照らすことによって、これまでには考えられなかったような気づきと心の癒しを得ることができるでしょう。

時は今です。

わたしたちは本来的に光の存在です。

だからこそ、光と調和をしていない選択をすると、心が痛むのではないでしょうか?

皆様の聖なるハートにさらなる新しい時代の宇宙的愛と光が届きますように♪

そして、それは、本人がそのことを否定しなければ可能です。

実のところは、心のどこかで、“ 光を受け取る資格がない!”などと、そう思っているからこそ、せっかくの愛と光の贈り物を受け取ることをその方ご自身が、
あえて拒んでいるだけかもしれません。

自分自身と向き合うという作業は、それに慣れていない方々にとっては、最初は、むずかしく感じられることもあるでしょう。

けれども、人生は、日々、継続するのです。

自らが意識的に自分自身を深く見つめることなくして本当の幸せはありません。

そうした本当の見つめ方、光と愛の生き方を知ることによってしか、日々、継続するこの人生に光を灯し続けることはできないでしょう♪

だからこそ、しっかりと、そのことを学ぶことが必要でもあるのです!

そうでないと、いつまでたっても、困った時の他力本願になってしまいますものね。

今や、他力本願からの脱皮の時代でもあるのです!!!

皆様が、今回のこの惑星地球の大転換期のこの時代を憂うことなく楽しみながらサーフィンすることができますように♪

そして、きっとそうなることができるでしょう。

大いなる光とともに
心からの愛と祈りと祝福を込めて

ディヴァインフィーリングガイド meefaより

 

〜追伸〜

2018年5月17日夜、上記の方からの体験談とともに、今回の体験についての洞察をアップすることができました。

続 ベネチアのパウロのエネルギー的なサポートに心からの感謝を込めて♪すべての瞬間が生き生きと輝きはじめたのをリアルに実感しています。人生は偉大なり!心からの祝福を込めて

 

エンジェリックハーモニーライト☆HOME

Copyright 2018 Angelic Harmony Light All Rights Reserved.

☆ハートの扉☆新たな一歩☆エッセンスオブライト☆聖なる愛☆光の祝祭☆み〜ファ♪☆letter☆