「feeling」カテゴリーアーカイブ

2018年8月8日 無限の可能性の扉おめでと〜う♪

~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~

ハートtoハート&ソウルtoソウル 愛のミラクル♪

2018年8月8日

無限の可能性の扉おめでと〜う♪

ディヴァインフィーリングガイド meefa plumeriana

~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~

 

皆様、こんばんは。

今、窓の外では、しとしと雨が降っています。

今年は、2012年の大変容の年なのでは?と、
そう思ってしまいそうなほど、
世界中で天候が変化していますが、
皆様は、お元気にお過ごしでしょうか?

母なるガイアが、
まさに本気でアセンションをしようとしている!という
このことが、ひしひしと感じられる毎日でもあります。

今日は、8月8日♪

無限の可能性の扉を開いて、
新たな可能性へと飛翔するすばらしい機会でもあります!!!

もし、今、皆様、ご自身が、
人生の壁にぶつかっていたとしたならば、
これこそが、今こそ、大きく変わる時なのだという変化、変容へのサインです。

どうか、目の前の何かに足をすくわれてしまうことなく、
いつの時でも、大きな視点、宇宙的な観点を忘れることなくいたいものです!

もし、大きな壁にぶちあたっていることがあったとしたならば、
それこそが、宇宙からの大いなるギフトなのです!!!

宇宙は、皆様が、
これまでとは異なった新しいリアリティーへと、
変化しはじめるための重要なるきっかけ与えてくれようとしているという
このことをどうぞ、思い出していただけたらと心から、そう思います。

人は、変化を恐れることがあるかもしれません。

けれども、地球自体が、
もはや、古いエネルギーのままで、
い続けることを選択してはいないのです!!!

〜エネルギーは、流れ、変化するのが自然なあり方です〜

そして、今、わたしたちの目の前で繰り広げられようとしていることは、
これまでには、まったく想像もできなかったような質的な変化でもあるのです!

変化することを受け入れましょう。

今では、地上で、この肉体のフォームを持ったまま、
新しいリアリティーを生きることが可能なのです!!!

どうぞ、ありとあらゆる体験に対して、
可能な限り、前向きに取り組まれることを提案したいと思います。

すると、あっと驚くミラクルが起こることでしょう。

人間的な、あまりに制限だらけの衣をしっかり着込むのは、もうお終いにしませんか?

もちろん個人の選択の自由はありますが、
限界だらけのオーラを纏っていると、
なかなか軽やかに飛翔することはむずかしいことでしょう。

8は、無限の可能性の象徴です♪

2018年の8月8日♪

さあ、新たな可能性の扉を開いて、
身も心も、軽やかに思いっきりオープンに、
新しいニューアースの可能性に満ちた世界へ飛翔しませんか?

すべては、わたしたちのピュアな意図あってこそ。

どうぞ、軽やかに、無限の可能性の扉を開かれますように♪

今、この時代にこうして、生を授かっているという、このことに心からの感謝を込めて

わたしたちは、本来的に光の存在です。

さあ、光だった頃のことを思いっきり思い出して飛翔しましょう。

そして、そういうことなのです。

今というこの瞬間が、未来のわたしたちへとつながります。

どうぞ、今、この瞬間を可能な限り純粋に丁寧にお過ごしいただけますように♪

宇宙からの大いなる無限の可能性という贈り物を込めて

 

〜近況〜

わたしは、今年、
たくさんのクリスタルさんたちと、
ハートtoハートのコミュニュケーションをしながら、
この新しい時代をエンジョイしています♪

そして、また、
パートナーの彼とも、
彼の休みの時には二人で、
お互いに関心のある様々なテーマについて
互いの想い互いの探求を心から分かち合いながら、
この新しいヴァイヴレーションの時代を共有しています♪

その時々を心を込めて生きているそのことが、
わたしたち自身の最高の財産なのだと心からそう思えるのを本当に幸せに思います。

そして、それは、誰でも可能なことなのです。

皆様が、心から、今、この瞬間を存分に味わい楽しむことができますように♪

わたしたち自身、

日本全体、

惑星全体が大いなる光で輝きますことを心からイメージしつつ

 

ディヴァインフィーリングガイド meefa plumeriana

Copyright 2018 Angelic Harmony All Rights Reserved.

~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~
〜☆エンジェリックハーモニー☆〜
http://angelicharmonylight.com

~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~