「レクチャー、サポート&ガイド」カテゴリーアーカイブ

レクチャー、サポート&ガイド

わたしの中のクリスタルチルドレン的特質/about み〜ファ♪

わたしの中には、クリスタルチルドレン的特質が顕著にあります。

クリスタルチルドレンについて、はじめて知った時の驚きは、まるで、幼い頃のわたしみたい♪でした。

幼い頃のわたしは、本当に物静かで、お家の中にいるのが大好きな女の子でした。

あまりにも家の中にばかりいるので、母が一生懸命にお外に連れ出してくれていたようなのですが、風が吹くだけで泣き出した!とか、言葉を話し出すのがとっても遅くて心配したとか、引っ込み思案傾向や、食が細くて苦労した話など、母は随分、気にかかることがあったようでした。

それと同時に、母、曰く、手のかからない子だったとも言います。

母がしばしば聴かせてくれた幼い頃のエピソードとしては外出していて夜遅くになったとしても駅を降り、当時、住んでいた団地に帰りつくまでの道のりを手さえ引いてあげれば、どんなに疲れていて目をつぶっていながらも、ちゃんと歩いてくれて助かったなど〜笑〜

もし、今、繊細で感受性が高くて、食は細いし、言葉を話すのは遅いなどなど、どうしたらよいものかと、思案されているお母さんの皆様がいらしたとしたら、わたしは、かつて、母が語っていたことをそのままお伝えしたいと思います。

「小さな頃は本当に心配したけれども、小学校に上がった頃から、ちゃんと食べられるようになったし、知らない間に言葉を上手に話すこともできるようになったので、あまりにも心配しすぎることはないのかもしれない」と。

そういう母は、本当は心配性だったのですが、そうした心配は杞憂であったことが後なってわかったこともあって、同じような子供の悩みをかかえているお母さんにきっと大丈夫!と励ましていたのを今でも覚えています。

11歳、年の離れた弟が生まれるまで、わたしは、ずっと一人っ子だったこともあるので、おそらくはそれも影響しているかもしれませんが、心の傾向としては、一人遊びが大好きタイプ♪

小学校でも、お昼休みなどは、部屋の隅で本を読んでいるのが好きでしたが、時々、お友達がその時に流行っていたドッジボールなどに誘い出してくれて、いじめに遭うといったこともなく、一人の時間と、時にはこうしてお友達の誘いに応じながらの小学生生活を送ることができました。

3歳からバレエを習っていたので、ダンスは好きでしたが、運動神経はからっきし!

朗読と音楽が大好きな女の子で、学級委員をしたりもしていました。

小学校までの間は、団地育ちということもあって、同世代のお友達に囲まれていたこともあり、そのおかげもあって、誘われれば大勢のお友達と結構、楽しく遊んでもいました。

もしかしたら、団地育ちという同い年がいっぱいの環境が応援をしてくれていたのかもしれません。

大人になってからも、基本的には一人が大好きタイプであることに変わりはありません。

そして、本当はね、スピリチュアルな領域とのハートからの交流がお気に入りです♪

 

子供の頃の大好きな場面

わたしの子供の頃の記憶でとってもお気に入りの場面があります♪

それはクローバー畑でのお花の首飾り作り♪

本当は小学生のお友達と一緒に遊んでいたはずなのですが、イメージに登場するのは、わたし一人、もくもくとクローバーさんがいっぱいの野原でクローバーさんのお花と茎を上手に編んでいる姿が登場します!

実際には、1人1つリアリティーなので、何も不思議はないのですが、ず〜〜〜っと昔に退行催眠を受けた際には、幼かった頃、やっぱり、わたしは、自分の世界に生きていたんだな〜という納得とともに爆笑!

今、思うと、わたしは、クローバーさんたちと見えない領域でハートからのコミュニュケーションを楽しんでいたのがわかります。

今でも、野の草花さんたちとと語り合う瞬間は、なんとも言えない幸せです。

 

ほっとするのは、ハートフルな親密な関係性♪

パートナーとの関係性や、友人と心を自由に開いて語り合うことのできる親密な関係性が、わたしにとっては、一番、ほっとします。

今回の人生において、わたしは、” 親密な関係性 ” の中で、様々なる気づきや学びを深め味わいたいと、そう意図して生まれてきたようにも思います。

クリスタル的傾向を持っている子供たちの中にも感受性がある子供たちが多いようにも思いますが、相手のことがなぜかわかってしまいやすいクレアシェンセンス(クレアセンティエンス)的傾向を持っているタイプの人々は、少人数のグループの中にいると様々な人々のエネルギーをキャッチしてしまって、結構、大変なこともあるようにも思います。

いっそのこと人数が多いと、それなりに関係性がさほど強くないので、小さなグループより、案外、人数が多い方が楽なことも。

かつて葉山に引っ越したばかりの頃は、時々、東京でソウルメイトセミナーなどなど複数の皆様を対象にしたセミナーを定期的に開催していた頃もあるのですが、

複数の皆様の個々の状況を感じつつ、それらのすべての皆様に寄り添うことは、とうていできず、

複数の皆様を対象にしながら、その中で折衷案を取るということは、わたしにとってはなかなかハードルが高いうことを痛感したりしたこともあります。

ということもあって、エンジェリックハーモニーライトでのサポートも1対1がメインです。

1対1だと、お互いにそれ以外の人々のことに気を使う必要もないので、お互いがよりオープンでいられるので、わたしにはぴったり♪

そして、不思議でもあるのですが、クライアントさんの中には、とにもかくにも、人間関係性に問題をかかえているというケースが思いの外、大勢いらっしゃいます。

だからこそエンジェリックハーモニーライトのセッションの体験を通して、わたしとの関係性の中で、さらには高次の光の存在たちからの光のサポートが、いかに深く、すばらしいものなのかを体感していただきながら、ハートtoハートの醍醐味を心から味わい体験していただきたいと思っています。

本当は、最も大切な人間関係性とは、” 自分自身との関係 “なのだと思います。

自分自身と心からハグすることができなければ、他の誰かに対しても、それ以上に親密になることなど、できないのですものね。

ずっと以前は、男女のパートナーシップにフォーカスをして、パートナーシップアドバイザーをしていた頃もあります。

ハートtoハート、これこそが、ミラクルの秘訣です♪

思いっきり自由に気持ちよ〜くハートを開いてみてみると、それだけで、オープンハートの天使様になったように感じられるかもしれません。

聖なるハートを思いっきり開いて飛翔しましょう♪

今や、すべての人々の中に内在しているピュアなクリスタル的な特質がどんどんと、目覚め、輝き始めようとしているところです♪

クリスタル意識の目覚めにフォーカスをした、クリスタル意識の目覚め♪ 神聖なるAhaというカラーバージョンのHPタイプのメールマガジンを発行しています。

神聖なるアハっというその瞬間、わたしたちは、頭では、なく、自分自身の聖なるハートを含めたすべてで、あっわかった!!!そうだったのね!!!と、大いなる目覚めや、合点、拍手が湧き上がります。

こうした瞬間、瞬間こそ、目覚めと成長の道をしっかり歩んでいる一つのサインでもあるのです。

クリスタル意識の目覚め♪ 神聖なるAha
http://www.mag2.com/m/0000263604.html

 

クリスタルさんたちの透明感のある応援が皆様の元にもたらされることを心から意図しています♪

クリスタルさんたちは、大変革のわたしたちを心から応援してくれているすばらしいミネラルキングダムのお友達でもあるのです!

透明な輝きとともに心からの喜びと愛を込めて

〜meefa plumeriana〜

 

about み〜ファ♪  meefa plumeriana からのご挨拶