2016☆11☆11☆おめでと〜う♪

2016年11月11日♪

 

今年、2016年は、大いなる完成を象徴する☆9☆がテーマの年ですが、
来年は、数の神秘の世界観では、☆1☆の年です。

マスターナンバー☆11☆11☆

 

11のマスターといえば、クライオン♪

アリエールのマヤン・オラクルでは、11の数は、不調和の中の調和がテーマです。

ここ最近、わたしたちの地球上では、政治が様々に揺れています。

イギリスは、予想外の展開で、EU離脱に票が集まったり、アメリカでは、
またまた、あっと驚く結果が現れました!!!

多くの人々は、潜在的に変化をしたい!!!というそんな欲求を持っているからこそ、

このようなビックリ!!!の結果が浮上してくるのだと思います。

変化を恐れることなかれ。

様々なタイムラインの中から、何を選び取るかは、わたしたちの自由な意思にかかっています。

ブラジルの選挙の際もそうでしたが、ここ最近のこうした政治における節目の際には、
どちらか一方が圧勝するというのではなく、結果が拮抗しています。

このあたりに、人々の集合的な意識が見え隠れしているようにも思います。

まさに、わたしたちは、分岐点にいるとも言えるのです。

結果に舞い上がる人々もいれば、いったいどうなるのかと、暗雲に頭を抱えてしまう人々もいるかもしれませんが。

人間って、案外、柔軟性があるものですよね。

今回、経済の市場が、如実にそれを語っているようにも思います。

最初は、混乱の極みであったとしても、結果が現れるや否や、たくましく浮上しはじめ、
というのも、市場は、先読み、先取りで、値動きするので、先行き不透明感が収まり、
ある程度、目の前の結果が確定しはじめると、今度は、その状況に対して、冷静さが、取り戻され。

市場は、人々の心の中の状況と連動しています。

当初、選挙で、予想外の展開が始まりだすと、そこに不安を読み取って、下落することもあれば、
いざ、結果が確定しはじめると、今度は、その結果から、ポジティブな何かを探し始めて、
一旦、下がった株価が、今度は、一転、上昇に転じたり。

結局のところ、下がったり、上がったりしながら、落ち着くところに、落ち着くこともあれば、
さらに、それからの何かを追い求めて、何度も、何度も、波乱含みの展開を続けることも。

さあ、どうなりますことやら。

アメリカ選挙の開票の日は、ラジオでは、最初、一時間ごとに速報が入っていて、
それから、しばらくすると、開票速報のオンパレード!!!

オンタイムの状況に耳はダンボになり、キッチンのラジオをつけっぱなしにして、
その日は、キッチンの棚を大々的に整理し、大掃除しはじめました。

そのおかげで、気になっていたキッチンの棚周辺がとってもきれいになりました。

もう、ラジオをつけていないので、はたして、今日の市場の動向は、まったく???ですが、
時々、こうして、世界経済が、動きはじめるのに遭遇すると、昔とった杵柄で、
人生はじめて就職した証券業界の時代の何かが、活性化しはじめます。

虎ノ門支店、経済研究所の調査部時代のなごりが、いまだ、わたしの中に眠っていて、
なんだか、わくわくしはじめるから不思議です。

きっと、店頭は、ものすごい人だかりだったようにも思います。

短波放送が流れ、そして、会社の放送が流れ、次から次へとかかってくる電話に応対しながら、
店頭のお客様の応対もするという、なんと活気のあった世界でしょう。

ニューエイジの扉を開いてからは、と~んと、株式市場のことなど、まったく、どうなったのか???

過去生の時代の一コマのような体験でもありましたが、今回の人生で、わたしが、
社会、経済を学ぶことのできた貴重な貴重な証券業界時代の体験は、
人々の心理で、市場が成り立っているのだという
まか不思議な経済界の表現を学ぶためのすばらしい機会となりました。

ありがたや~ありがたや、経済など、何も勉強したことがなかったからこそ、
現場の中こそが、学び舎であり、立地支店のすばらしさも加わって、
お客様からの質問があれば、上司に教えを請い、それをお客さまに伝え、
そして、また、さらなる疑問があれば、さらに上司に教えを請いに行くと、
この内容については、こちらの人の方が詳しいと他の上司を紹介してくれたり、
日々、新たな気づきと発見と、それに加えて、株式市場という
生物を目の前にしたエキサティングな職場でもありました。

実は、上司のみならず、お客様からもたくさんのことを学ばせていただいたものです。

というのも、近隣には、当時の通産省あり、大蔵省あり。

本当に貴重な学びの連続でした。

ありがたや~ありがたや。

朝は、日経新聞を読みながら通勤し、女の子は、早々、支店のお掃除をして、夏の頃など、
早朝に制服を着て、お掃除をしているだけで、汗びっしょりになってしまうので、わたしは、
朝のお掃除が終わったら、ブラウスを新しいものに着替えていたほどでした。

懐かしや~懐かしや。

週末になると、店頭に展示していた、廃棄されるはずの業界紙をいただいて、
週末は、隅から隅まで目を通して、切り抜きをし、罫線を研究したりしながら、
自分独自のレターも作って、週報と共に既存のお客様にお渡ししていたのを思い出します。

人生に無駄な体験など、何もありません。

おそらくは、わたしの場合には、今回の人生の重要な目的がスピリチュアルなことだったがゆえに、
ハーモニックコンバージェンスのその前には、この地球上の経済について、ある程度の基礎知識を得ようと、
一見すると、まったくの畑違いに身を置くという体験を招き寄せていたのだと思います。
この時の人生体験は、今のわたしが、地球上の経済を理解するための重要な礎になっています。

わたしたちの惑星は、今、分岐点を迎えつつありますが、どのような時であっても、
必ずや、トンネルの向こうには、光があります。

一見すると、すべての人々が、同じ、地球に住んでいるようでありながら、
実際には、わたしたちは、それぞれの人々のその人独自のリアリティーの中を生きてもいるのです!!!

変化を歓迎しましょう♪

スピリチュアルな世界では、すべての世界が、実は、ホロであると語られますが、
株式市場というのは、まさに、ホロそのもの。

はじめて、証券市場の仕組みをしりはじめた頃、何にびっくりしたかというと、
現物取引のほかに、信用取引があるというこの仕組みをしったことでもありました。

その会社、支店によって、信用取引の取引基準は異なりますが、わたしがいた、その支店では、
1000万円の準備資金がなければ、当時、信用取引の口座を開設することができませんでした。

ありがたいことに、支店では、生の情報が飛び交っています。

株価が上がる時のみならず、実は、大口の方々は、
信用取引で、売りから入ることもできるのですから、なかなか複雑。

今回のように短期間に、株価が上げ下げするということは、
売りから入って、下がったところで、買い戻した人々は、
あっという間に潤沢なる潤いを得たことでしょう。
ず~っと下がりっぱなしでは、困りますが、イベントのような乱高下の中では、
しっかり利益を得ている大口の人々が存在しているのも事実です。

株式市場的な見方をすると、
今回、不安材料がいっぱいあったので、
最初は、それに反応して、株価が急落したものの、
ようやく、結果が出て、落ち着きを取り戻すやいなや、
今度は、上昇に転じて、なかなか幸先のよいスタートのようでもあります。

一方、しばしば、あるのは、あまりにも前評判が良すぎる場合で、
たとえば、新薬のうわさが出て、何年も前から、
うわさがうわさを呼んで株価が上がりはじめてしまうと、
実際に、晴れて、新薬が登場した際には、すでに株価に織り込み済みということで、
思いの外、株価にプラスの効果が出ないということもあるものです。
今回のアメリカ選挙は、それとは正反対!!!
最初にがっかり!!!やら、びっくりやら、混乱から始まったがゆえに、案外、
早々に落ち着きを取り戻しはじめているとしたら、なかなか上首尾なスタートのよう。

お互いがお互いに聞く耳を持ちつつ、穏やかに一歩をすすめて行くことができるのであれば、
あっと驚く新しい世界が登場する可能性を秘めているのではないかとも思います♪

せっかくこの大変革のこの時期に、
今この惑星地球にいるのであれば、どのような結果であっても、
未来を形作るのは、自分たち一人一人であるというこのことをしっかりと抱きしめながら、

自分自身の聖なるハートに居続けながら、

母なる地球レディーガイアと共にこの惑星地球を愛し、

宇宙からの光の応援の元、今、この瞬間を最高に生きましょう♪

マスターマーリンは、いつもわたしにこう語ってくれます。

 

「~☆今日を最高に生きるがよい☆~」と。

 

今や、わたしたちの惑星地球には、驚くほどの光の応援がやってきています。

案ずることなかれ。

さあ、今日、2016年11月11日のこの日を最高に生きましょう♪
心からの愛と祝福を込めて

 

 

大いなる光と共に☆meefa

 

meefa prana☆み〜ファ♪より

 

 

Copyright 2016 Angelic Harmony All Rights Reserved.