毎瞬が新鮮~and so it is~2016年冬至の喜び

2016年12月21日に発行したメールマガジン
 毎瞬が新鮮~and so it is~より

 


〜自分を信頼する時代に向けて〜

 

2016年冬至、おめでとうございます♪

おかげ様で、当マガジンの新しいタイトルがまぐまぐさんから了承されました。

完成の年の2016年の冬至に、こうして、
新しいタイトルとともに、皆様に向けてご挨拶ができるのを
心から、うれしく、そして、またありがたく思っております。

何度もの、変遷をご一緒いただき、
皆様には、心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

今朝は、早朝に目覚めたものの、その後に、
2度寝、3度寝をして、夜中に訪れていた、
高次の領域での体験を再度、味わったりしながら、
たっぷり、インナーアセンションの旅を楽しみました♪

人ぞれぞれに、タイプがありますが、
今、わたしが、思うのには、やっぱり、何よりなのは、
自分自身にとって、一番、ナチュラルな生活習慣なのかもしれないな〜と。

というわけで、わがパートナーが朝、出勤してから、
わたしは、2度寝、3度寝遊び三昧!

一度、目覚めていても、こちらが、その気になると、
2度寝、3度寝遊びでも、再び、朝、起きたての変性意識に、
思いの外、さっと入ることができるものです。

というわけで、朝、たっぷり、遊んだ♪というこの充実感♪

時には、こういうセルフギフトもやっぱり大切♪

そして、朝って、次から次へと、
様々なメッセージがダウンロードされてくるので、
この時間は、とっても貴重な宇宙からの贈り物タイム♪

わたしは、たいてい、朝のこの時間に、
様々なインスピレーションを受け取っています。

まだ、日常の生活のマインドになっていないので、
とってもクリアな情報が受け取れて、すご〜くよいのです。

やりたいことがいっぱいで、イメージはあっても、
3Dのわたしの準備が追いついていないのですが、
今年は、エンジェリックハーモニーのHPも、
まだ、途上ではありますが、なんとか新しいバージョンにリニューアル♪

そして、そのさらなるバージョンでもある
エンジェリックハーモニーライトのHPも、少しずつ、イメージが膨らみ始めています。

今朝は、朝、起きてから、エンジェリックハーモニーライトのイメージが浮かんできていました。

こういうのって、きっと、寝ている間に、高次の光の領域で、あれこれ模索している
イメージなのだと思います♪

今年は上記の他にも、いくつか新しいドメインを取っていて、
今、子供のように、新しい遊びに、わくわく中!

今朝は、ふと、ヴォイスで、12月12日に発売になっている本が思い浮かびました。

その本は、知ってはいたものの、まだいいかな〜と、思っていたのですが、
今朝、ふと思い浮かんで、さっそく、アマゾンに注文!

3Dのわたしは、さほど関心がなかったとしても、多次元的なアスペクトからすると、
やっぱりこの本は、読んでおいた方がいいんじゃない?という
そういうことだったのかも。

今年は、3Dの自分自身がちょっと考えてしまいそうなことであっても、
かなり積極的に、わたしを超えた領域からのサポートに対して、
3Dのマインドをぽ〜んと手放して、えいやっと、かなり大胆に、
行動をし続けてきた、まさに、セルフイニシエーションの連続のような年だったようにも思います。

わたしたちは、新しい時代に向けて、これまで以上に、制限を突破し、
自らを無限の可能性の領域へと自由に解き放ってあげる時代へとシフトしていくのでしょう。

そういった意味においては、今年、すでに、かなり、その
予行練習をしてきたようにも思います。

 

〜☆自分を信頼すること☆〜

 

これって、言葉自体は、とってもシンプルですが、
実際に、運用するとなると、なかなかどうして。

セルフマスタリー向けて、とっても重要なポイントが、
このわたしたち自身が、ほかでもない、
自分自身を信頼することのように思えます♪

2012年の冬至の日は、偶然、彼が休みで、
2人で、いつもの海岸に行って、
海の突端の小高い芝生の上で、
思い思いに瞑想をしていたのを思い出します。

それから、ずいぶんと月日が経ったものです。

そして、わたしたちは、ようやく、
2012年という節目をはさんだ、
大いなるサイクルを、今年、完了させようとしています。

ちょっと感慨深いものがあります。

2016年の今、この瞬間を
心から、存分に自分自身の聖なるハートとともに過ごしましょう♪

 

皆様との出会いに、心からの喜びと感謝の気持ちを込めて

 

ハートの微笑みメッセンジャー

meefa prana ☆み~ファ♪より
Copyright 2016 Angelic Harmony All Rights Reserved.

 

毎瞬が新鮮〜and so it is〜
http://www.mag2.com/m/0001608248.html