第72号☆祝☆大いなる完成の年

2016年12月23日にアップした
☆クリスタル意識の☆目覚め♪神聖なるAhaのメールマガジンより

 

☆クリスタル意識の☆目覚め♪

神聖なるAha


◇第72号◇2016年12月23日発行◇


祝☆大いなる完成の年

☆様々な出会い☆あらゆる瞬間に大感謝♪


ハートの微笑みメッセンジャー

☆大いなる光と共に☆meefa prana ☆み~ファ♪


☆

♥ 光 ♥

♥ 瞬間 ♥

♥ 大感謝♪ ♥

♥ 光の貢献 ♥

♥ 不思議なご縁 ♥

♥ ライトワーカー ♥

♥ 様々なる出会い♪ ♥

♥ 大いなる☆完成の年 ♥

♥ 白鷺さんに魅せられて ♥

♥ ☆光の領域からのギフト ♥

♥ エネルギーの刷新に向けて ♥

♥ 母なる地球☆レディーガイア ♥

♥ エンジェルさんたちのサポート ♥

♥ 瞬間というかけがえのない贈り物♪ ♥

♥ ハワイのカフナ☆サージ・カヒリ・キングさん ♥


わたしたちにとってのかけがえもないものは、今、この瞬間です!


もし、人生にミラクルを起こしたいとするならば、わたしたちは、
瞬間、瞬間こそを大切にする必要があるのです!!!


その時々の今という瞬間を
最大に生きることができたなら後悔という文字は
人生から必要がなくなりはじめることでしょう。


今、今、今の連続がわたしたちの未来の礎になるのです!!!


それゆえに、もし、わたしたちが、
心からの喜びにあふれた未来に生きることを望むならば、
いつも、今という目の前の瞬間、瞬間こそを大切に生きればよいのです♪


~☆いつの時でも、聖なるハートと共にいましょう♪☆~


☆クリスタル意識の目覚め♪ 神聖なるAha


☆クリスタル意識♪の翼を~自由~に広げて、

☆光輝きながら、☆天高く、~☆軽やか~に☆飛翔~しましょう♪


Copyright © 2016 Angelic Harmony All Rights Reserved.

 

大いなる完成の年を祝福して

2016年の大いなる完成の年を心から祝福いたします♪

このところ、母なる地球レディーガイアさんは、本当にめまぐるしいほどの天候の変化の嵐ですが、これもまた、エネルギーの刷新に向けてプロセスのようにも思います。

今年も、ごくわずかですが、皆様は、大いなる完成がテーマでもある2016年をいかがお過ごしでしたでしょうか?

11-11のポータルが開いた頃から、次から次へと新しいビジョンがダウンロードされてきて、来年に向けての様々な流れが水面下で準備されはじめているのを感じています。

今年は、ここ最近の課題でもあった、エンジェリックハーモニーのHPの大々的なリニューアルがあり、それに伴い、16年という長きに渡って、お世話になっていたサーバーさんの移行も加わり、めずらしく、タービンが稼働しまくっていた大車輪状態の時期もありました。

その途中、寄る年波のあれこれを感じたりなど、山あり、谷あり、時には、険しい道のりとも思える難所をなんとか、無事、通過しながら、まだまだ、リニューアルの途上ではあるものの、エンジェリックハーモニーのサーバー移転と新しいフォームでのHPのアップもできました。

このような時には、自ら、自分自身を励ますのみ!

このところ別の作業をしていて、まだまだ、完璧とは言えず、現在進行形でもあるのですが、よく頑張りました♪自画自賛~笑~

かつてのHPでアップしていた写真は、スライドショーでご覧いただけるようにしてみました。

わたしのお気に入りは、なんといっても、デジタルカメラ遊び全盛期に遭遇した真っ白な美しい飛び立ち系の存在さんとの出会いの瞬間でもあります!

いつものお気に入りの一色海岸にお散歩に行った時に、それはそれは、稀有な瞬間に出会い、シャッターを押しまくったものでした。

自然界の存在さんからの贈り物は、本当に貴重な体験♪

今でも、わたしにとって、忘れることのできない貴重な貴重なすばらしい出会いでした。

白鷺さんに魅せられて

本当は、頑張るということは、そろそろ卒業の時代でもあり、新たな時代には、もう少し、肩の力を抜いて、リラックスしながら、軽やかに歩みたいところですが、そういった意味においては、今年、2016年は、大車輪の卒業記念の年でもありました!

新しいエネルギーを感じるにつけ、いくつかのメールマガジンのタイトルもリニューアル♪

アセンションにフォーカスしたメールマガジンの新たなタイトルは、『☆まるごと愛して☆喜びアセンション☆』に。

女神を目指す女性の皆様にフォーカスしたメールマガジンの新たなタイトルは、『☆聖なる愛☆光の祝祭☆み~ファ♪ Letter』に。

何度もタイトルを変更し続けてきたちょっとレアもののメールマガジンは、『毎瞬が新鮮~and so it is~』に。

それぞれに、心からの思いを込めてのリニューアル♪

エンジェリックハーモニーのHPのさらなるバージョンでもある、エンジェリックハーモニーライトのHPも、ようやく、ほんの少し稼働しはじめました。

つい先日、海に行った際、思いもかけずに、それはくっきりすっきりとした澄んだ空気の中で、美しい瞬間と出会うことができました。

昨日は、その時のフォトを使って、エンジェリックハーモニライトのHPのトップの写真遊びをしていたのですが、今日も、その続きをしたくなって、子供のように、朝から、お昼まで、ずっと、パソコン遊びをしていたので、今日アップしたいと思っていた、☆クリスタル意識のメールマガジンにとりかかるのが、ちょっと押してしまいました。

今や、HP創りが趣味になりそうな感じです♪

エンジェリックハーモニーライトは、まだ、ぴよぴよ状態なので、これからも時々、様子がいろいろ変更になるかもしれませんが。

今日は、なんだか、ウキウキわくわくヴァイブレーションがいっぱいで、HPのトップのフォトがかなり大胆に鮮やかになりました♪ちょっと派手?でも、今日は、これが一番、しっくり。

エンジェリックハーモニーライトのトップページは、こんな風な感じです♪

今年は、いくつもドメインを取得したので、来年からは、またまた、新しい遊びがはじまりそうです。

そして、いつか、皆様と、気楽に対話できるようなスーペースも用意できたらいいな~と思って、神聖なるAhaにフォーカスしたドメインもすでに取得済み♪

今年後半は、まさに、これまでのいろいろに光をあてつつも、と同時に、新しいエネルギーの準備もはじまりつつあって、まあ、忙しことこの上なし。

来年は、もう少しエレガントに行きたいな~とそう思っております♪

 

 

様々な出会いに心からの感謝の気持ちを込めて

 

クリスタル意識の目覚めにフォーカスをしている当メールマガジンを長年、ご購読いただき、本当にありがとうございます。

なんと、今回は、72号。

ちょっと感慨深いものがあります。

そして、今日は、わたしにとっては、とっても思い入れのある日でもあります。

オーラ・ソーマのカラーヒーリングの世界に興味を持ちながら、どんどん、学びを進めていた頃のこと。

ジャズピアニストだった当時のパートナーの彼と、彼の友人のミュージシャンにも、ご参加をいただき、地元のホールをお借りして、『愛と光のクリスマスコンサート』と銘打った、クリスマスコンサートを主催したのが1996年12月23日♪

その頃のわたしの趣味は、歌♪

OLを退職した後に、太陽の香りがするイタリアのカンツォーネを習い始め、その後、ジャズの世界を探求したくなって、発表会ではジャズ風なものも歌っていました。

そして、ある頃、2回目の企業に就職している時のこと、中途入社研修の後に、上司が2次会で行きつけのジャズバーに招待してくれたことがありました。

そこでは、プロの歌手の方も歌っていたのですが、空き時間には、生バンドをバックにジャズを歌うこともできる時間があって、当時、ちょうど、ジャズに魅了されはじめていたわたしにとっては大感激!

それから、親友を誘って、何度も通っているうちに、そこのジャズピアニストと知り合い、最初はジャズの歌の練習からスタートし、それから、海に誘われたりしながら、いつしか距離が近くなって、ハートtoハートの世界へ。

人生とは、なんと不思議に満ちているのでしょう。

ある時、親しくなりはじめたジャズピアニストの彼の車に乗っていると、彼が、ここが僕の家の菩提寺だというのです。

そのお寺のお隣の産院の看板を見て、ビックリ!

もしかしたら?!?と、母に確かめてみると、思った通り、なんと、そこは、わたしが、生まれた産院だったのでした!!!

奇遇というのは、こういうことなのでしょう。

おそらくは、生まれる前に、男性の家の菩提寺と、女性の生まれる産院が隣同士であるならば、いつか、ちょうどよいタイミングに出会った時に、きっと、魂のサインに気づくであろうと。

彼は、彼で、そして、わたしは、わたしで、それ以前に、今でいうところのバツ1体験者でもあり、それが、また、わたしたちの関係性に共感をもたらしてもくれたのですが、菩提寺&産院など、あまりのシンクロにびっくりしながらも、やがて親密な世界に導かれ、彼が子供を欲しいというのをきっかけに、結婚。

友人に手伝ってもらって、舞台には、100本あまりのオーラ・ソーマのカラーボトルを盛大に並べて、サウンドオブミュージックの中のマイフェバリットシングスの曲に乗せて、ちょっとニューエイジ風の色の解説をしたり、星に願いをや、クリスマスメドレーなど、愛と光にフォーカスをした新しい時代に向けての『愛と光のコンサート』を行ったのでした。

20年の歩みはなんと早いものでしょう!

1996年の頃というのは、まさに、ライトワーカーの人々が世界各地で、本格的な目覚めの活動をはじめた頃でもありました。

人と人の出会いは、天からの贈り物のようにさえ感じられます。

今では、現在のパートナーとの結婚時代が、人生の中で、一番、長いものになりました。

今回、エンジェリックハーモニーのHPを新しくリニューアルする際にサーバーも移転することを選択。

当時は、ドメインを取得することも、またサーバーの会社なども、あまり情報がなく、今回、サーバーの移転に関して、超久々に、16年契約させていただいていたサーバー会社の社長さんと、お話しをする機会にも恵まれ、走馬灯のように、現在の彼と一緒に、エンジェリックハーモニーのドメインを申請し、HPを立ち上げた頃のことを懐かしく思い出したりもしていました。

今年は、2012年の重要なるターニングポイントをはさんでの大いなる完成の年ということもあって、こんな風にかつての時代を現在の視点から、眺め、抱きしめることができるのも、貴重な瞬間のようにさえ感じます。

今、わたしたちは、これまでの時代ならば、いくつもの転生を繰り返してしまうほど、人生の中身が盛りだくさんになっているので、時には、こんな風に、印象的だった頃の体験をゆっくと振り返ることによって、今だからこそ、味わえる出会いのすばらしさや、人生における深みを味わうことができるのは、言葉にはできない輝きに満ちています♪

 

瞬間というかけがえのない宝物♪

わたしの大好きなハワイのカフナのサージ・カヒリ・キングさんは、クラスの中で、すばらしいことを伝えてくれました。

それは、今というこの瞬間に生きることのすばらしさについてでもあるのですが。

サージさん曰く、過去を後悔してばかりいる人は、同時に、未来を恐れ、そして、いつも、今にいることができない!と。

なんとわかりやすい表現でしょう。

ということは、今にいることが、上手にできるようになればなるほどに、過去を後悔することもなくなり、そして、また未来を憂うこともなくなるのです!!!

わたしたちにとってのかけがえもないものは、今、この瞬間です!

もし、人生にミラクルを起こしたいとするならば、わたしたちは、瞬間、瞬間こそを大切にする必要があるのです!!!

その時々の今という瞬間を最大に生きることができたなら、後悔という文字は必要がなくなりはじめることでしょう。

今、今、今の連続がわたしたちの未来の礎になるのです!!!

それゆえに、もし、わたしたちが、心からの喜びにあふれた未来に生きることを望むならば、いつも、今という目の前の瞬間、瞬間こそを大切に生きればよいのです♪

最初は、シュノーケリングからはじめて、ほんの少しの時期、ダイビングの資格もとって海に潜っていた時代もありました。

当時の定宿は、西伊豆の浮島という場所にあるダイビング専門といっても普通のお客様もOKのサンセットリゾートというペンションでした。

ちょうど、目の前が、小さな湾になっていて、海岸は、砂浜ではなく、ごろた石ということもあって、本当に海は透明で、シュノーケリングをしているだけでも、お魚さんが、いっぱい見えてすばらしいロケーション!

週末になると数え切れないほど、西伊豆に潜りに行っていましたし、まとまった休日には、南の島に一緒に出かけ、そして、(わたしには有給休暇に限界がありましたが) 彼は大型の休暇をとっては、一人でも海外の海に潜りに行っていました。

ちょうど、その頃、ヴォイスさん主催のサージさんのハワイのシャーマニズムのクラスに参加し感銘を受けていたこともあり、ハワイに行った際には、ちょうど新しいスペースに引っ越しをされたというサージさんにお会いすることでもできました。

カウアイ島で宿泊したB&Bでは、なんと、奇遇なことに、サージさんが発行しているかわいらしい小冊子まであって、サージさんのスペースも簡単に教えていただくことができたり、わたしたちのまわりには、いつも、何かしらのエンジェルさんたちのサポートがありました♪

かつてのパートナーの彼は、仕事も遊びも、お酒もタバコも、おそらくは、人の何倍も楽しんでいました。

そして、その彼が、40代の前半で、この地上を立ち去って行った時、わたしは思ったのでした。

地上を立ち去った人が、わたしたちに残してくれることがあるならば、それは、

~☆今に生きよ!☆~ということなのだろうな~と。

かつてのパートナーとは、まるごとぶつかり合いながらも、中身のいっぱい詰まったパートナーシップを体験させてもらいました。

そして、わたしは、たくさんの方々に助けられながら、” 命 “との向き合い方について、本当に貴重なる多くのことを学ぶことができました。

瞬間瞬間を大切にして生きること、これは、わたしたちが、この地上に生をさずかっている間の最も大切な宝物のようにも思います。

彼が亡くなってから、わたしは一人で、いつもの定宿のペンションに宿泊して、ハイキングコースになっている山と、数え切れないほど潜った海に、ささやかな彼の記念を自然の中にお返しさせていただきました。

一人で、シューケリングをするなんて、当時のわたしには、まったく予想もできなかったことだったのですが、なぜか、不思議に守られているという実感がありました。

わたしたちは、たった一人で生きているわけではないのですよね。

光の領域に存在しているたくさんのサポーターの存在さんたちにも心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

光の領域からのギフト♪

かつてのパートナーが地上を立ち去った後、彼の縁が、さらにつながり、そうしたありがたい、ご縁続きで、現在のパートナーと出会いました。

当時の彼が地上を立ち去って、まもない頃、友人が『光の手』の著者であるバーバラ・ブレナンのナイトワークに誘ってくれました。

そして、会の後半の質疑応答の時間に、ありがたいことに、「地上を立ち去った人に対して、地上にいるわたしたちができることは何かありますか?」という質問をする機会を与えられました。

すると、その時、バーバラ女史は、チャネリングし、地上を立ち去った彼は、今では痛みもなく幸せにしているので心配はなく、むしろ、彼は、あなたが幸せになることを願っている!ということを伝えてくれました。

思いもかけず、バーバラ・ブレナン女史から、故人からのメッセージを伝えられ、どんなに勇気づけられたことでしょう。

縁あって、現在の彼と出会い、一緒に暮らし始めたある時、彼は、興味深い夢を見たと教えてくれたことがありました。

現在の彼は、かつてのパートナーとはまったく面識はなかったのですが、ある日のこと、夢の中で、わたしたち3人が、同じ車に乗っていたというのです。

わたしは、かつてのパートナーが地上を立ち去った際には、ひたすら、ライトワーカーとしての光の貢献をしたかったので、その後の結婚のことなど、まったく考えてもいなかったのですが、人生とは、不思議なご縁の連続のようにも思います。

わたしたちは、こうして、昼間、生活している時間のほかにも、いっぱいのスピリットとしての活動をしています。

一見、まか不思議と、そう感じられることのほとんどは、わたしたちが、光の領域で、活動しながら、準備をしていることだったりもするのでしょう。

そして、今回のこの人生を歩む中で、意識的に光の領域とアクセスを良好にしたいのであれば、瞑想をするのもよし、あるいは、夜の睡眠の際に、意識的に高次の領域を意図し、そこに出向けばよいのです。

さらには、わたしのお気に入りは、朝、目が覚めたばかりの変性意識の時を存分に有効活用すること♪

朝、目が覚めたばかりの変性意識の状態の頃は、本当にまたとないチャンスです。

見えない光の領域とのヴェールも薄くなっているのですから、このタイミングに目覚ましを鳴らして、すぐさま起きてしまうなど、本当は、ちょっともったいないことのようにさえ感じます。

朝、ベッドで目覚めたばかりの貴重な時をどう過ごすかで、どれだけ、高次での学びを今、ここに持ち帰ることができるかの質が決まるようにさえ思えます。

年末年始、ぜひ、時には、意識的に、夜の高次元への旅を意図し、そして、朝の変性意識の瞬間を大切に味わってみていただけたらと思います。

すばらしい年末、そして、気持ちのよい2017年をお迎えになられますように♪

 

ハートの微笑みメッセンジャー♪

 

☆大いなる光と心からの喜びと共に☆meefa prana☆み~ファ♪より

 

【発行者】 ☆ ハートのほほえみメッセンジャー
【サイト】 ☆エンジェリックハーモニーhttp://www.angelicharmonylight.com
【当マガジン】☆クリスタル意識の目覚め♪神聖なる☆Aha

(アセンション)☆まるごと愛して☆喜びアセンション☆
(女神性開花)☆聖なる愛☆光の祝祭☆み~ファ♪ Letter
(愛と喜びのパートナーシップ)ハートtoハート&ソウルtoソウル 愛のミラクル
(新しい時代の子供たち)星の数ほどある子供たちの個性
(多次元的な記憶を思い出す旅)プレアデスの記憶をお持ちの皆様へ
(惑星地球の旅)毎瞬が新鮮~and so it is~

Copyright © 2016 Angelic Harmony All Rights Reserved.

 

 
 

○クリスタル意識の目覚め♪ 神聖なるAha
http://www.mag2.com/m/0000263604.html

 

2016年12月23日にまぐまぐさんにアップしたメッセージは、まぐまぐさんのバックナンバーコーナーからもご覧いただけます。》》》http://archives.mag2.com/201612231855080000263604000.html